イオン枚方店でワンコイン転倒予防開催!!

枚方市が実施する総合事業

最近、医療業界においては、予防分野に関する重要性がよく言われている。

2025年問題を迎える我が国【日本】においては、高齢者はどんどん増え続け、医療費も過去最高にまで上昇してきているのが現状です。

国の財源を確保するためにも、このような医療費を押さえつつ、元気な高齢者が増えることは、我が国にとっては大きな課題ではないだろうか。

実際に厚生労働省が出したデータでは2015年度の医療費は41.5兆円だったと公表されていました。

そして、この医療費はどんどん上がっており、2025年には52.3兆円、老人医療費も24.1兆円にまで増加する見通しであるとされています。

(出典)総務省「ICT超高齢社会構想会議報告書」(厚生労働白書(平成24年)、厚生労働省 医療費等の将来見通し及び財政影響試算(平成22年10月)より)

この現実に対して、様々な取り組みがなされている中、介護保険分野では要支援の方や介護保険を利用していないが、体が弱ってきた高齢者に対して実施する総合事業という制度が4月から本格的にスタートしました。

総合事業とは、

市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域で支え合う体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもの。

としています。

我々、株式会社国宝でもこの高齢化問題に対して何かできないかと、また地域の方々に対して運動を通して元気になってもらう手段はないかと色々模索していたところ、枚方市の総合事業に協力させていただける機会を得ました。

実際、この総合事業は市町村が先頭にたち、それぞれの地域が実施する新しい事業として動き出しています。

総合事業に関するわかりやすい説明はこちら

そこにありがたく参加させていただけることになったので、当社のワンコイン転倒予防を実施させて頂きました。

イオン枚方店にてワンコイン転倒予防を実施

実際に実施させて頂いたのは枚方市の駅前にあるイオンの一区画をお借りして、ブースを設ける形で実施致しましたが、やはり高齢者の方々はまだまだ転倒に関する認識はそこまで高くないのではないかと感じました。

その反面、利用して頂いた方々には、「こうやって自分の体のことを知れるのは大事ですね」といった声や「まさか私は大丈夫だろうと思っていたけど、案外ふらついたりするもんですね」といった声も聞かれました。

今後高齢化社会に必要なこととは?

これからの社会の流れを考えた時に、何かしらの形で高齢者の方々がいつまでも健康で、動けるためにはそれを未然に防ぐ予防の観点が絶対的に必要になってきます。

我々も様々な形で転倒に関する情報収集をしていますが、転倒そのものをなくすことはできなくても、転倒を少しでも減らして、いつまでも元気な体でいてもらうことはできると確信しております。

転倒予防に関する情報はこちら

そのためにも高齢者の方々が動ける場づくりとして、もっと我々医学的知識を有した専門家が、このような予防事業に参入していくことが大事ではないかと思っています。

実際、イオンなどでも、様々な高齢者に向けた取り組みが行われています。

イオンシニア向け100店←詳細は文字をクリック

関西初 シニア向け充実店「イオンスタイル新茨木」←詳細は文字をクリック

我々も、健康に対して疑問や不安を持たれている方々に対して、できることを色々模索しながら、

少しでも運動を通して皆さんが元気に笑顔になるような取り組みをしていきたいと思います。

ワンコイン転倒予防に関する情報はこちら

イオン枚方店ではワンコイン転倒予防だけでなく、運動フェスティバルと称して、色々な方々が気軽に運動をできるような運動ブースを設けています。

ここではバランスボールを用いたバランス運動や、ゴムを使っての筋トレであるチューブ体操、マットを利用したストレッチやマッサージなんかも実施しています。

枚方市だけではなく、多くの地域でこのような活動ができたら良いなと思っております。

もし興味を持たれた方はこちらまでご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA