TSURUMIこどもホスピスとは

TSURUMIこどもホスピスとは、『友のように寄り添って、その子の生きるを支える』を理念に、日本では馴染みの薄かった「子どもホスピス」の必要性を訴えた有志が結集し、2010年12月に法人設立された団体です。

その後、多くの皆さまのご支援と地道な活動の積み上げにより、2016年4月、「TSURUMI こどもホスピス(TCH)」を大阪の鶴見緑地公園に開設しています。

この度、弊社代表の国宝孝佳が、TSURUMIこどもホスピスのファンドレイザーに任命されることになりました。

ここでいうファンドレイザーとは、「社会のために何か役に立ちたい」と思っている人たちと「社会の課題を解決している人たち」をつなぐ人のことを指します。

つまり、社会のために何か役に立ちたいと感じる皆様と、社会課題を解決しようとしているTSURUMIこどもホスピスを繋ぐ大切な役割を担っています。

少しでも多くの方々に、このTSURUMIこどもホスピスの理念や活動に共感・支援をお願いさせて頂きたいと思っております。

TSURUMIこどもホスピスについての概要や活動、寄付等の支援活動に関しては、以下のホームページよりご確認ください!

 

 

命を脅かされた子どもの学び、遊び、ふれあい、やってみたいと思うことを叶え、その子の成長を支える場所づくりに、是非ご協力お願い致します。